野見山

アイスバーグ

 

19世紀、ヨーロッパノイバラに日本の野生バラと中国のコウシンバラを交配し

ポリアンサ系ローズと呼ばれる房咲きのバラがフランスの育種家ジャン・パプチスト・ギヨーにより誕生しました。

 

そしてポリアンサローズに四季咲き性の特性を活かしたバラをP・T・ポールセン(デンマーク)が

20世紀の初頭に交配を重ねフロリバンダローズが生まれました。

 

四季咲き性、花径約5~10cmの中輪房咲き、ブッシュ型の樹形を直立または株立ち状、耐寒性に優れています。

 

1958年ドイツのコルデスがフロリバンダローズの白花の代表ともいえるアイスバーグ(Rosa Iceberg)を作出します。

別名を白雪姫。

 

緑の輝く葉と白花がとても魅力的で強健でとげが少ないので育てやすい品種です。

 

このバラはマリア像に描かれているバラではないかと思うほど清純な感じがします。

特に新大陸で初めて聖人とされたペルーのリマの聖女ロサ(1586~1617)を描いた

クラウディオ・コエーリョ 「リマの聖女ロサ」 (プラド美術館所蔵)が腕に抱いたバラはアイスバーグを思い起こします。

 

 

春のバラフェア開催中です。

~5/27(日)まで。

関連商品ポイント5倍です。

綺麗に咲いたバラがたくさん入荷しています。

是非、見にいらしてください。

 

 

野見山

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

木香薔薇 Rosa banksiae

 

4月も終わりに近づくと思い出す光景があります。

10数年前、京都の郊外で出会ったモッコウバラの生垣。

それは20mほど続き、キレイに刈り揃えられていて、

たおやかな春の気配の中で霞をまとった様な黄色の小さな万重咲きの花の連なりでした。

 

 

木香薔薇は中国から江戸時代の前期に渡ってきました。

 

常緑の低木で別名を木香花とも言います。

 

キク科のモッコウに似た香りを持ち、トゲが無く日当たりの良いところに植えれば

病害虫も少なく育てやすい品種です。

 

5月から6月にかけて咲く白い花は香りがよく干した根は芳香剤としても使われています。

 

スタンダード仕立てにして枝垂れるように咲かせても見事です。

 

黄モッコウバラはモッコウバラの変種で4月下旬から咲き始めます。

 

 

 

野見山


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

黄色のバラ

春に咲く色とりどりの花。

その中でも菜の花・ミモザアカシア・ポピーなど鮮やかな黄色に心惹かれます。

 

長い間、ヨーロッパには黄色のバラはありませんでした。

東南アジアの野生種「ロサ・フェティダ」は16世紀にヨーロッパに渡った最初の黄色いバラ。

別名「ペルシアン・ローズ」

 

1900年にハイブリット・パーペチュアルと交配してアプリコットイエローのモダンローズ「ソレイユ・ドール」が誕生しています。

モダンローズに黄色をもたらした貴重な品種です。

 

オールドローズとモダンローズの交配により作られたイングリッシュローズにも多くの黄色のバラがあり、

「グラハムトーマス」は豊潤で深い黄色の花でイングリッシュローズの中でも最高の品種のひとつです。

 

「シャルルオースチン」と「アイスバーグ」を親に持ち1983年作出。

育てやすく強健でティの香りがします。

 

 

 

野見山

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

マダム・アルディ Mame.Hardy

120種あまりで地球上に誕生したバラは、長い長い年月を経て今日では数万種類にも増えています。

ローマ帝国の滅亡とともに多くのバラが途絶えたヨーロッパにも12~13世紀の十字軍の遠征によって中東から戻ってきました。

その中でもダマスクローズの原種は貴族や富裕な商人の庭で沢山見られるようになり、
芳香のある花弁は香水の原料にもなっています。

ダマスクローズの中でも代表的な花

”Mame.Hardy (マダムアルディ)” は1832年にフランスマルメゾン宮殿の庭師・アルディに拠り作出されました。

クォーターロゼット咲きの純白の花弁の中にグリーンのボタンアイ、
ダマスクの甘美な香りの中にレモンの香りも混じります。

枝は細長く伸びるのでポール仕立てにしたり、フェンスに絡ませても素敵です。

野見山


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

ROSE・バラ・ばら・薔薇

はじめまして。

今回からバラブログを担当いたします野見山と申します。

高橋と交代で更新していきますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は初めての更新ですのでバラについてお話させていただこうと思います。

 

この地球上に7000万年も生きて進化しているバラは女性そのものです。

虫に喰われても、ウィルスに侵食されてもめったに枯れることなく花を咲かせます。

当店ではオールドローズを始めとして華やかで香りの良いイングリッシュローズ、フレンチローズ、モダンローズのハイブリットティ、フロリバンダなどバラ苗を年間を通して展開しています。

 

特に春と秋はたくさんの色・一重・八重・木立のものやつるバラなどさまざまの種類が店頭を飾ります。

 

バラは栽培が難しいと言われますが自然に育てても大丈夫です。

人間にも個性があるようにバラにもそれぞれに個性があります。

手探りでも良いので自分に合う育て方を見つけてください。

一輪でも夢を見ることが出来るバラ。

次回からはバラにまつわる話を書きたいと思います。

 

 

野見山

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村