バラ図鑑

―粉粧楼栽培記…高橋の私見…―

この春はほとんどボーリングを起こして咲かなかった粉楼粧、株は元気です(写真1、約半月ほど前)

写真1

赤っぽく見えるのが一番花のあと伸び出した新枝、緑のがこの春から伸びた部分です。

この段階で新葉をうどんこ病に侵されないこと、コレが大事です!
黒星病は展開が終わって成熟した葉に発生、うどんこ病は未成熟葉に発生します。
まあ…キレイ事は言いません、ひたすら殺菌剤の散布あるのみ!
もちろん、その前提として、枯葉や咲き終った花を取り除き、植物を清潔に保つようにします。

そして2番花が咲き終ったら…(写真2)

写真2

再び花がらを取る!
僕は今の季節、切り戻しはしません。花がらだけ取ります。葉の枚数、つまり葉の総面積を少しでも確保する!
そして、後から出る蕾も取ります。暑い季節には咲かせません。あとは秋に咲かせます。
それから、この株に限って肥料も与えない。(写真3、花がら、枯葉掃除後)

写真3

株の大きさは左右で約120cm、 かなりのサイズです。
やや日照時間が短い場所なのでメインの枝数と株元の太りは今ひとつ(写真4)

写真4

でも健闘してるかな?
今年からこの品種の栽培を始めた皆様、頑張りましょう!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

―季節はずれのあんどん仕立て―

原種バラのRosa canina この種類はヨーロッパでは接木の台木にも使用される野生のバラです。
「長尺苗-ちょうじゃくなえ-」として入荷しました(写真1)

写真1

支柱を外すと・・・この通り、ツルバラだから収拾がつきません(写真2)

写真2

ローズヒップとして利用する果実がたくさんなっていますね・・・(写真3)

写真3

あんどん仕立てにすることにしました。支柱を立てて・・・(写真4)

写真4

周りから枝(ツル)を巻いて行きます(写真5) ――髪長いなぁ、床屋行こう・・・――

写真5

 

折らないように・・・(写真6)

写真6

出来上がりました!(写真7)

写真7

本来は、この作業は冬に行う仕事ですが、長尺苗なので今の季節にやって見ました。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

―雨の合間の作業―

バラフェアーが終わったあとに咲き始めたイングリッシュローズの「ハイド・ホール」(写真1、2)

写真2

写真1

フェアーには間に合わなかったけど良く咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ剪定しなきゃ…(写真3)

写真3

割と横に枝の張る品種みたいですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

午後から雨がやんだから剪定しました。(写真4)

写真4

なるべく次の芽が上向きに出るように剪定(したつもり…)

 

 

 

 

 

 

そこに、バラファンのお客様――目黒にお住まいのO様――登場・・・
このブログを結構チェックして頂いているようで(笑)・・・恐れ入ります!

おすすめの品種解説をご希望でしたっけ?

品種特性でしたっけ?

ゴメンナサイ・・・忘れました・・・

 

とりあえず今店頭にある品種のうち、僕がやってみたいのは、Rosa foetida (写真5)

写真5

一重咲きの原種です(ここでも一重咲き・・・)

花の写真はありません!ってラベルはありますけど・・・
自分の経験ではうどんこ病は出ませんでしたね。ただし!日照不足、通風不良ではてきめんに生育が落ちます。黒星病はわりと出ますね。こんな品種ですが、ハンデのある環境で徹底的に作りこなしてみたいですよね!

 

恵まれた栽培条件の場所よりもハンデのある環境でより良く栽培したい・・・

簡単じゃあつまらない・・・

ここ数年の僕の考えです。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

―粉粧楼栽培記―

5月は意外と雨が多い月だと思います。
前回写真をアップした粉粧楼はかなりたくさんの蕾をつけていたのですが、満足に咲いたのはほんの数輪でした(写真1)

写真1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどがボーリングをおこしてしまって春の一番花は終わりです・・・(写真2)

写真2

見るも惨憺たる状況…

あんなに蕾があったのに…

 

 

 

 

 

 

 

まあ、バラに限らず植物を栽培しているとこんな事もあります。めげずに管理に励みましょう!

これからの季節は薬剤散布が管理の大きな比率を占めてきます。

 

そこで僕の園芸歴で長いつき合いの「戦友」の出番です、7リットルタンクの強い相棒-噴霧器-(写真3)

写真3

コイツとは20年以上のつき合いだけどエビネ、サボテン、マグノリア、バラなど、散々いろいろな園芸趣味につき合ってもらいましたが、今は店で頑張っています。

 

 

 

 

 

 

 

薬剤散布は閉店後にいつもやっています。終わるのはだいたい夜11時頃かな…(写真4)

写真4

でも散布が終わると何だかさっぱりして気分がいいんですよね…


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

―粉粧楼栽培記―

 

写真1

バラファンのお客様とお話すると、この品種が時々話題に出ます。

そのバラの名前は「粉粧楼―ふんしょうろう―」 

ティーの香りで可憐な花、なんとも言えない色合いのグラデーション。
残念な事に、栽培が難しくてあきらめた、という方もいらっしゃいます。僕もこの品種は栽培した経験はありますが、ややうどんこ病にかかりやすいのと、開花期に雨にあたると花弁が傷みやすいなと思っていました。
 

写真の粉粧楼は一昨年のバラフェアで店頭に並んだものでしたが、お嫁に行かずに店に居残りました(笑)
じゃあ、それならばと、不肖、高橋が自社製品の試験を兼ねて、またバラファンのお客様への栽培モデルとして育てましょう!
という次第になりました
 1月に冬季剪定を済ませて310日に肥料を与えました。消毒は冬に一度。これからはひと月に2回ペースになります。

 

 

 

 

 

 

写真2

 

現在は株張り約90cmです(写真1)。 蕾も見えて来ました(写真2)。 
先日もバラファンのお客様と「あのコ、粉粧楼はお元気?」「ええ、かなり新芽が伸びましたよ」「そう!じゃあ顔を見ていくわ(笑)」こんな会話がありました。待ち遠しい開花期も、もうすぐですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロトリーフガーデンアイランドでは本日422日金曜から529日日曜までの約一ヶ月にわたりバラフェアを開催いたします。 

 

店頭のバラも新芽を伸ばし蕾が見えて来ました

 

バラファンの皆様、バラを始めたい、と思っていらっしゃる方もぜひお越しください。バラと一緒にお待ちしています。

 

ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村