Author Archive

キューランブラー ~ Kew Rambler ~

1913年にイギリスのキュー植物園で作出された、とても生育旺盛なバラ。

春に基部の白いピンク色の小さな花を沢山つけ、ミントグリーンの葉を持ち、全体に優しい印象を受けます。

ラージ・フラワード・クライマーに分類されることもありますが、ランブラーとして扱う方が適切とされています。

ランブラーとツルバラの違いは、交配が繰り返されて近づいたために区別がつきにくいのですが、一般にツルバラは堅くて長い茎を持ち、

四季咲き性もあり、大輪の花や房になるものもあります。

ランブラーは、ほとんどの種類が長いしなやかな茎で垂れ気味になり、新しい茎が根元から出ることが多いです。

ランブラーのほとんどが一季咲きで小輪の房咲きです。

 

   野見山

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

ローズ・デ・キャトル・ヴァン

古来、薔薇の花はたくさんの画家によって描かれています。

花の中でも絵心や詩心を刺激する最たるものは薔薇ではないでしょうか。

色彩を始めとして形や香りも心の中の内なるものへ訴えかける何かを持っています。

植物画家のルドゥーテがパリ郊外のマルメゾン庭園に集められた薔薇を描いた「バラ図講」が

植物画をアートに高め、あのピカソでさえ薔薇は綺麗に描き、

祖国スペインの解放運動の資金集めに協力しています。

 

「ローズ・デ・キャトル・ヴァン」 は、フランスのデルバール社の作出です。

木いちごの香りを含んだ強い香りを持ち、黒味を帯びた水彩絵具のクリムソンレーキに

ローズマダーを混ぜた様な沢山の花片が重なった花は見事です。

直立した枝は生育も旺盛で、濃緑色のは葉は少し内側に反ります。

ベランダなどでも充分に栽培出来ます。

 

野見山


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

ROSE・バラ・ばら・薔薇

はじめまして。

今回からバラブログを担当いたします野見山と申します。

高橋と交代で更新していきますのでよろしくお願いいたします。

 

さて、今回は初めての更新ですのでバラについてお話させていただこうと思います。

 

この地球上に7000万年も生きて進化しているバラは女性そのものです。

虫に喰われても、ウィルスに侵食されてもめったに枯れることなく花を咲かせます。

当店ではオールドローズを始めとして華やかで香りの良いイングリッシュローズ、フレンチローズ、モダンローズのハイブリットティ、フロリバンダなどバラ苗を年間を通して展開しています。

 

特に春と秋はたくさんの色・一重・八重・木立のものやつるバラなどさまざまの種類が店頭を飾ります。

 

バラは栽培が難しいと言われますが自然に育てても大丈夫です。

人間にも個性があるようにバラにもそれぞれに個性があります。

手探りでも良いので自分に合う育て方を見つけてください。

一輪でも夢を見ることが出来るバラ。

次回からはバラにまつわる話を書きたいと思います。

 

 

野見山

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村