マダム・アルディ Mame.Hardy

120種あまりで地球上に誕生したバラは、長い長い年月を経て今日では数万種類にも増えています。

ローマ帝国の滅亡とともに多くのバラが途絶えたヨーロッパにも12~13世紀の十字軍の遠征によって中東から戻ってきました。

その中でもダマスクローズの原種は貴族や富裕な商人の庭で沢山見られるようになり、
芳香のある花弁は香水の原料にもなっています。

ダマスクローズの中でも代表的な花

”Mame.Hardy (マダムアルディ)” は1832年にフランスマルメゾン宮殿の庭師・アルディに拠り作出されました。

クォーターロゼット咲きの純白の花弁の中にグリーンのボタンアイ、
ダマスクの甘美な香りの中にレモンの香りも混じります。

枝は細長く伸びるのでポール仕立てにしたり、フェンスに絡ませても素敵です。

野見山


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

コメント