―秋の剪定 その2 粉楼粧編―

前回に引き続き、秋の剪定です。

毎度おなじみの粉粧楼、株の直径約120cm(写真1)

写真1

 

完全四季咲きの性質ですが、この性質、実はくせもの・・

暑くても蕾が出て来るから、つい咲かせてしまう。かなり弱った株にでも蕾が着きます。でもそんな株にはいい花咲きませんね~

前々回のように摘み取るに限ります。

 

さぁて・・・・・

剪定するぞ!園芸屋の鋏は武士の刀!・・単なる商売道具だろ・・(写真2)

写真2

 

なんと、偶然にもバラマニア、O様、御来店・・

しばらくはバラについて、あーでもない、こーでもない・・延々とバラ談議・・

 

・・ようやく剪定開始。右側は剪定済み、左側はこれから・・(写真3)

写真3

これならば違いがわかりますよね?

上からは・・(写真 4)

写真4

僕は割と深く切る方かな?・・でもお店ではかなり手加減していますけど・・

 

という事で、剪定終了・・(写真 5)

写真5

株直径約80cm、およそ3分の1を剪定した事になりますね。

再び上から(写真 6)

写真6

 

そのあとは、肥料と薬剤です・・

テンコ盛りです・・

親の仇みたいに・・

その他、書けないコト諸々・・(笑)

 

さぁて・・どんな感じに咲きますかねぇ~

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

薔薇(バラ) ブログランキングへ
にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

2 Responses to “―秋の剪定 その2 粉楼粧編―”

  • でんでんむし:

    過日はご丁寧に御説明いただきありがとうございました。
    おかげさまで我が家の庭も例年より比較的スムーズに秋前の手入れが進んでいます。
    こんどベンチ前の鉢バラの伸び具合をチラ見しに行くかもしれません。
    うかがう度に気を使わせてしまうのも何なので、
    見かけてもユ~ルく放置しておいて下さいね。(’▽ ’

  • kumiko:

    粉粧楼の蕾はまず摘みとるのですね。分かりました。                                                                                      舐めてました。粉粧楼。                                                                                                                                                          大きくなるのをじっと待ちます。                    

コメント